メイン | パーマカルチャーを激しくはじめることにした »

2009/03/17

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

こんにちは。
ギフテッドの娘を持つ母親です。

ギフテッドは、傍から見ると才能があっていいなぁと思われがちですが、まみ~さんがおっしゃるように明らかにアンバランスです。
娘は、10歳を過ぎてから日本語以外の言語に触れましたが、わずか3年ほどで6言語堪能になりました。今は、英語が母語です。学力も異常に高いです・・・あまりにできるため、学校でも浮いてしまい、学校をやめてケンブリッジ大学で奨学生だった方に数学の家庭教師につけたところ、「この先生から学べることはない・・・」ってことでその先生にもさよならしてしまいました・・・。
これ以上勉強が伸びなくてもいいからと音楽をやらせたら、これも1年も経たないうちに上級レベルに・・・それも楽器二つで・・・。それなら絵画もちょっとやってみようと手習いさせたら、これまた物凄い作品を創作するんです・・・・。
書道も算盤も独学でやって、算盤は1級、暗算は6段、日本語の漢字も詳しく、書写は私より上手いんです。
周りからのいろんな期待に応えないと・・・と本人も自虐的にがんばるタイプ。なのに本人はまったく自信がなくて、自分は愚かな人間だとさえ思っているんです。
普通の友達からは才能があるからって自慢して嫌な子と疎外されるし、とにかく普通の学校には行けないので・・・今はギフテッドの集まる特殊な学校へ行かせてなるべく目立たない?(いや充分目立っているんだけど!)ようにしています。
いろんなギフテッドのタイプでも、娘はアカデミック、音楽、芸術に優れ、IQも160超える珍しいタイプらしいけど、できる能力が高いほど、できない能力も高いのでなるべく地味ぃ~に隠れギフテッドとして生活をしています。肩身が狭いってこういうことなんですね・・・。

娘もそうですが、ギフテッドの多くは、なんらかの学習障害をかかえています。
あるギフテッドのご両親が言ってましたけど、「ギフテッドなんて神様から授かりものじゃなくて、呪いなんじゃないか?」と・・・私もギフテッドって響きはいいけど、実際に我が子として経験すると確かに諸手を上げて喜べないなと唸ってしまいました。

バニラさん

親自身が(子どもとはこういうものである)、(人間の能力はこういうものだ)
(何歳では何を学ぶもの)等々の、思い込みをなくさないとやってけませんな。(笑)

ギフテッドが良い悪い、またどの程度だったらOK、と許容できる線に収まっているなど
全部、大人の勝手な思い込みであって、そういう子どもは大人がどう思うおうが
そのままの姿で存在するワケですから、そのままの姿で受け入れたいですね。

なので、すっごく優れていても(あっそ、でも愛しているよ)
勉強全然できなくても(あっそ、でも愛しているよ)ってなところでしょうか。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記