« 主催者側から見たテキサス旅行記(1) | メイン | 主催者側から見たテキサス旅行記(3) »

2009/08/26

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

>これもチル大効果なのか!?
チル大を創った私は、テキサスの荒野で驚愕させられるのでありました。

(笑)ってしまいましたね。

私は田舎(激しく過疎地)育ちで、人間の友達とよりも自然と一緒に遊んだ口なので、そのノリで子供たちにも田舎で遊ばせようとしたら、子供たち、どう遊んでいいのかわからず、固まってました・・・
茂みをのぼって山に入っていこうとしたら、もうその時点でアウト。「怖い」って。足が動きません。「いこうよぉー」と腕を引っ張ると「やだーーー!」って。たのしーのにぃー!

深い山に入って行くのは、逆に私たちの記憶の中にある(危ないこと)だとしたら、子どもがそれを拒むのは、逆に直感が働いているのかもしれない、と思うのでした。

hakaseさん、もしかして、(おら~、行くぞ~)って、自然体験を通り越して、山奥に入って行こうとしたんじゃないの~?ぎゃはは だったら面白い。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記