« ”知らない”だけで人生が変わる | メイン | 生きるか死ぬかは自然に委ねる・・ »

2009/10/28

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

日米/英にかかわらず、2つの国家の言語や文化などを理解する者には
ついてまわる問題だと思います
お互いの国の利益とかで情報を(とくにマスコミなどで)都合の悪いことは
放送しないとか、ちゃんと伝えないとか
石油の問題なんかは石油産業や環境産業なんかの利権争いの面が
強いような気がしますが
(翻訳は本当に割り切らないといけないのでしょうね)
翻訳学校にこれから申し込もうと思っているのですが、授業料取られる
だけかなぁと心配しています
論文レベルでも翻訳できるぐらいになれば仕事はあるのかと思っていますが
そういう翻訳ができること自体を「世界を広げた」と思えればと思っています
残念ながら研究者として活躍できるほどのスキルは持てませんでしたが

北海道のゆっかりんが新型インフルエンザの実体験を
サラ~っと分かり易く書いてくれています:

http://yuccayuccayucca.blog17.fc2.com/

私もかかりましたが、これまでのインフルエンザよりは軽かったです。
なので、ずっと風邪だと思っていたくらいでした。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記