« 精神編 こんな学校があったらいいな  | メイン | 癒しの力の続き 自然界では見捨てられる »

2009/12/05

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

マミ〜

>人との関係もそうではないですか?今日、ある人と最高の関係になれたと
>確信していても、私たちの心はいつも動いているので、次に会った時には、
>その人との関係は同じではなかったりします。


深いですねっ。
先日、学生時代の大親友と久しぶり連絡を取ったのですが、なんだかしっくり来なくて・・・。
職業、未婚既婚、子どもの有無etc.様々な違いからお互いの価値観が変わってしまったのだと思い、
少しだけ寂しくなりました。まあ、当たり前なんですけどねっ。


>だとしたら、固執することを捨てて、常に柔軟に物事に呼応するように
>クニャクニャしてた方が、生き易いだけでなく、成長し易いと思っています。
>更に言えば、物事は常に流動的。なので、固定観念を持ってその場に留まっていたら、
>変化についていけず成長できないよ、ということだと思っています。

この言葉、心に響きました。
前向きに頑張れそうな気がします!
今日も感謝!ありがとう、マミ〜☆

ケロちゃん

コメントありがとう♪

昔の友達のケロちゃんの例は分かり易いわ。

それが毎日会う人たちでも、同じじゃないかって思うんです。
自分の心だって日によって違って、気分のいい日もそうでない日もあるので
人の心だって、常に微妙に違ってるって思うんですね。

私は遠くに住んでいる親友に、「会う度に別人になってる」と言われました。
顔から雰囲気から違う人になっているらしくて、それが面白いらしい。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記