« 裸の馬に乗る | メイン | 親の心の成長に・・・なんで馬なんだ? »

2009/12/17

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

少し前に、ご近所さんに競馬新聞の記者をしている方がいるんで、
その方に誘われて教室の子どもたち連れて園田競馬場の馬の飼育小屋を見学しに行ってきたんです。
馬に乗せてもらえることになったんですが、子どもたちはびびって逃げ出してました。
もう競走馬を引退した子で、気の優しいとてもきれいな馬でした。
競馬は日本ではギャンブルのイメージが強すぎて、子どもと相容れないのですが、馬と交流して、とても「いいな~」と思いました。選手の方々にも優しく接してもらえたし、楽しい遠足になったんですよ。

なおみさん

忘れられた頃にコメントバックですびばせん。

そんな社会見学に行ってきたんですねー。
子どもたちにとっては、馬って巨大なんでしょうね。
びびるのも分かります。

ところで馬の性格って、結構目が物語っていて面白いですよ。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記