« ビジョンのためにサバイバルするということ | メイン | 首から裸馬に乗れた! »

2010/03/26

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

マミ~さん、お久しぶりです。
乗馬には最適の環境にいらっしゃって羨ましいです。

ところで、日本では馬は軽車両扱い、つまり自転車などと同じ扱いなので、街中で乗っていても違法にはなりません。でも、ボロは拾わないと苦情が来るでしょうね。

馬きちさん

こんにちは~♪サイトを拝読させていただきました。
「脚で抑える」という部分・・・私も全然分かってないです。

うちの馬に後ろ足をもっと使わせたいというか・・
ハヒハヒと走って欲しくないので、馬の姿勢を直していくことが次の課題です。


ところで日本では道路で馬に乗ってもいいんですね。
でも、よっぽど田舎じゃないとやっぱり危ないですね。
自転車に乗った子どもが急に角から出てくる・・なんて考えただけで、恐ろしいです。

でも、アメリカでは西部劇で見られるように、昔は普通に町中で馬に乗ってたんですものね。
馬も人も慣れればできないことじゃないのかしら。


また色々教えてください。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記