« 毎年やってるテキサス馬ツアー | メイン | テキサス親子馬ツアーってこんなの »

2010/04/24

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

Hi- How are you doing? マミーさん
素晴らしいビデオをありがとう。。。。30何年前を思い出しますヨ、2歳馬の馴致(ブレーキング)の時にラウンドペンで蹴られて噛まれて引きずられて私がボロボロになるまでトレーニングをした経験があります。若いときには俺がボスだ俺に従えてな考えで馴致を進めていましたが心の通いの無いトレーニングは馬の持つ能力を引き出すまでには至りませんでした。   Montey Robertsの本を読んでから私は180度馬のトレーニングメソードを変えました そして馬も以前以上に早くかつ素直に調教できて馬も楽しんでトレーニングに励む様になりました。   本当に素晴らしいビデオでした。    Thank you so mach

Hi Akira,

外人にはアキーラ(RA)って呼ばれていますか?私の場合はユキーコとかウキコになってます。(笑)

コメントありがとうございます。こんなベテランの方にコメントいただけるなんて感無量です。
安居さんは、馬と関わってすっごく長いのですね!
ところで、レスキュー・ホースのトレーニングは本当に難しいと思います。
これまでの扱われ方を巻き戻ししなきゃいけないんですものね・・・

モンティ・ロバーツさんの本はナチュラル・ホースマンシップに多大な貢献をされたと思います。
私も読みました。他に一気に数冊読み漁ってしまったのが、マーク・ラシッドさんでした。
彼の本は、読み物として心に残るものでした。http://www.markrashid.com
でも、日本語にはなってないんですよね。
時々思い出したように、日本の出版社にアプローチしたらいいんじゃないかと思っているのですが
でも、馬人口が少ない日本だから、彼の翻訳本を出すのは難しいかもしれませんね。

今日は晴天。カナダも晴天かなあ・・・そちらはこれからだんだんと気持ちの良い季節になりますね!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記