« 私の本業は馬屋? | メイン | 馬と泳ぐ(写真集) »

2010/05/15

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

ページリニューアルありがとうございます。絵本の音声、使います。
さて、マミーが「馬だ!」っていったときには「何で馬?」っておもったけど最近図書館でルパートアイザックソンのThe Horse Boy読んでやっと納得しました。

イメージ、ヴィジョンで会話するんですね。動物って。
機会があったら馬にふれてみたくなりました。

いつもありがとう

みふぃさん

ハロ~♪

お!ルパートの本、もう日本語に翻訳されたんですね。

なんで馬?ってみんな思ったみたいです。でも、みふぃさんの言う通り
馬とは思考で会話できるんです。そして、ほんのちょっとの思考の揺れ動きを
馬は敏感に感じることができ、人間にフィードバックしてくれるので
自分が気付かない思考の在り方を馬から教えてもらうことができるのです。

これは言葉では伝えることができないことを感じていたので
馬と出会った時に、馬でそういった思考の在り方を人に伝えることができる!って思ったんですね。
それで、大金つぎ込んで馬をやっているっつーワケです。

機会があったら馬に乗ってきたら~~と言っても、そういう視点で馬に乗せてくれる所は
日本で探すのは難しいと、何人もの人から聞きました。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記