« ある事情があって・・ | メイン | 大阪のいくえ、テキサスで乗馬 »

2010/07/18

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

いや~、これはすごいわ!!!
自由自在やん!こんなん僕にはできましぇ~ん・・・。

質問なんですが、どうやったらあんな近づきすぎず、遠すぎずの距離を馬が理解するの???もちろん最初からあんなんできないと思うので、徐々にステップアップしたとは思うんですが想像できない。凄過ぎ!

Hi Jake,

Jakeに褒められて有頂天のおばさんです。
自由自在って昔、教科書のあんちょこがありましたねえ・・って、そんなことはどーでもいいのですが。

>質問なんですが、どうやったらあんな近づきすぎず、遠すぎずの距離を馬が理解するの???

できますよー。誰でもできるできる。時間をかければいいだけなんです。
でもカウボーイの仕事では馬に乗る時には、「仕事」ですよね。
私の場合は、仕事とか、調教とか、教えるとか、そういう目的を持たずに
ただ一緒に過ごす時間を持つようにしているのですが
そういう時に、ドライブしたり、自分の周りを歩かせたりするんです。

ちなみに食べ物では釣っていません。時々クッキーをあげますが
たまにあげる時は、彼らが全く期待していない時に、さっとあげてお終いです。
でも、恐怖は与えてないと思います。(これやらなかったら叩くよー)っていう教え方だと
サニーはぴゅーっと走って逃げちゃいますので。(笑)

馬に(離れるよりも、側にいた方が得策)って思わせるのですが・・
なんて説明したらいいのだろうか・・・

まずはロープを使ってランジをする時に、ロープをゆるゆるにランジして
ロープを使いながらも、体の指示で動かす練習でしょうか。

ポニーちゃんにそのトレーニングできたらいいですよね。
ロープを持たなくても、ポニーがいつも後ろからついて来たらかわいすぎ。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記