« ビデオ 初めての装鞍 | メイン | 酔っぱらいと馬 »

2010/10/20

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

人間もイロイロ、馬もイロイロ。面白い子もいますね。うちの29歳の元名馬は超お利口さんで、酸いも甘いも噛分けた老練、という風格です。4歳の女の子・ラバのハイジは天性の野生児。人懐っこいんですが、気に食わないことがあると蹴飛ばします。満身創痍です(W)。

まいど~。
サニーの件、上の内容を読んで思ったのは、「それはどうな~???」

僕の経験なんてそこまで長くは無いけど、馬は場所が変わったところで、すぐに慣れるものって認識です。乗る人が変わっても、慣れるのに1年もかからないんじゃないかな?せいぜい数週間あったら落ち着くと思います。キャトルドッグのトレーニングの本には犬はトラクターじゃないんだから、いい犬を買って連れてきたからといって、次の日から思い通りにいく訳じゃないって書いてはあったけど、馬は犬の様に言葉や難しいシチュエーションを理解して動く訳じゃないと思うんですよね。もう少し単純というか。

落ち着いて来たのはマニ~が調教した成果だと思いますよ。

以前途中までカキコして、消えてしまったんでそのままにしてたけど、サニーはただ、ボンって蹴られたらガって走る、ただ速く走るって「調教」を受けてただけなんじゃないかなって思ったんですよね。トラウマって言うよりは。もちろん、実際見たわけじゃないから、どんだけフガフガしてたかは分らないけど・・・。「ガッと走れ!」と「止まれ」位しか習ってない馬が、他の指示を理解できなくて、「え!?ガって行けって事!?」っていつも慌ててた様に僕には思いました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記