« 新馬ミスティーから空中に投げられました | メイン | 出版とか馬セミナーとかって・・ »

2010/11/10

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

自分でコメントします:

ただ今、スエトシ牧場さんの情報が入ってまいりました。

”馬房は陽が入らず暗くて陰気、休日だというのに何頭も馬装したまま繋ぎっぱなし。”とのこと。

自分の目で見てないので、いい感じなのかどうか判断できませんです。
でも、北海道のアトリエ鼓動さんとはお話ししたことがあり、とても感じのよいご夫婦でした。


でもって、こちらの牧場さんが推薦されました:

http://blog.goo.ne.jp/makibanocafe/

確かに、草がたくさんある~~。よさ気な環境ですね!

こんにちは!
ウプサです。

乗馬を始めて早一年。
先月初めての外乗を経験し、先週はニュージーランドにいる友人を訪ねて
そこでも外乗をしてきました。
スケールの違いはあれど、どちらも牧場だけあって
馬たちがのびのび暮らし、表情もとっても穏やかでした。
それが私はとてもうれしかったです。(自分の馬でもないのに・・)
私が通っている乗馬クラブでは馬が放牧されている姿を
殆ど目にしたことがありません。
敷地の問題があったり、クラブの方針があったり、
いろいろ事情があるから仕方がないんだと思います。

最近はとくに
クラブでは見ることができない馬の姿をもっと見たいと
切実に思うようになりました。
近隣で馬たちを放牧しつつ、レッスンも行っているクラブをみつけたので
ちょっとのぞいてこようかと思っているところです。

ぜひとも5月までの間にテキサスへお邪魔したい!
私だったらデッキ作れる!
(↑建築系の仕事をしていたので・・図面書きでしたが・・たぶん作れます。)
トレイルに出かけて大自然を味わいたい!
なんてこと考えているんですが
まだ先の予定が分からないので、私のひそかな妄想だと受け流してください。

とにかく、
一年前乗馬を始めてからちょっとずつ考えが変わってきたのは事実です。
まとまっていませんが、環境によって馬もいろいろだなと。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記