« 馬歴20年の日本女性のテキサス滞在記(2) | メイン | 馬歴20年の日本女性のテキサス滞在記(3) »

2011/01/08

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

馬をやったことのない小娘が日本から生意気なことを言わせてください♪

いい男たちに囲まれたマミ~が想像出来ます。
人間観察、人間模様、人間道、なんていうのかわかりませんが、私はこういうの好きです。ゾクゾクします!

ちょっと思い出した光景があります。
私が航空会社に入社し、長い地上での訓練と実機訓練が終えたばかりの新人CAのころのことです。
新人CAは自分のポジション(担当ドア)をチーフパーサーに予めリクエストをした上で、その担当ポジションの勉強をし出社します。ところが私がリクエストしたポジションはもう一人の新人CAと重なってしまっており、CP(チーフパーサー)は私に他のドアをアサイン。しかもそのドアは通常はベテランが担当するドア。当時の私ならパニックになりそうな状況でしたが、その時はとても冷静にいられてました。それは、そのCPの器の大きさを瞬時に感じられ、任せてくださっていることに私も応えたい! 決して新人いじめではない心を瞬時に読み取れた心地よい瞬間を、ふっと思い出しました。
その後10年以上たった今、そのCPは会社で頭角をどんどん出し続け、私は3兄弟のママとなりましたが、今でもお互い人間道のような話を節目で行える関係を続けています。

馬はやったことないですが、マミ~からはいつも魂のところまでくすぐられる不思議な心地よさを感じています。いつも感謝しています。

今年もよろしくお願い申し上げます。

みなみちゃん

読んでくれているの~?ありがと~。
今日、夫にみなみちゃんみたいに言ってくれている人がいるって自慢していたところ。
彼は私がどんなことを書いているのか、日本語を読めないから分らないので
私からの情報だけで判断しております。なので彼には良いことしか言っておりません。(笑)

最近、お仕事でのお付き合いとか、どうですか?
前よりも、上手くハンドルできているんじゃないかしら。
新宿の母ならぬ、テキサスの母はそんな気がしているのでした。

ま、仕事のお付き合いというよりも、子育てに忙しいのかな。(笑)

こちらこそ今年もよろしくです。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記