« 馬歴20年の日本女性のテキサス滞在記(3) | メイン | 馬が芸をしますんでビックリです »

2011/01/12

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

今日はマミーさん   お久しぶりです 腕を怪我したとか伺いましたが馬の仕事を毎日していたら別に珍しい事ではないけれど What happen to you? Sound like not yourself...  ボデーランゲージが思い道理にいかなければ馬は言うことを聞かない トーゼンだんしょ?  アンタ何いってんの?ワタシャぜんぜん理解できません うるさいからあちらにいっててネ 我々馬共もいろいろシタイ事があるのよ てな調子で馬から相手にされなくなるんですね。  経験者語るの一言です フンフン ワカルワカルとしか言えないですね、、、次は何が起きるか楽しみにしています  遅れましたがHappy New year マイナス14度のカナダより

マミーさん、こんにちは。
いつもシェアリングありがとうございます!

手、骨折していなくて何よりです^^

馬とのコミュニケーション、とても興味深いです。
犬や猫とは違うようですね。

うちの飼い猫は、(思い込みかもしれませんが)私や子供が体調が悪いときなど、むしろ普段よりぴったりとそばに寄り添って寝ていたりします。そのほかいろいろな場面で、猫なりに「察っしているのかなあ」とよく思うのです。

馬の場合は、飼い主の状態がいつもと違うときは逆に遠ざかろうとするのかしら?

身の安全を守るため??

これからも、ご報告楽しみにしています!

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記