« ビデオ: ほんのちょっとの思いやり | メイン | 馬の躾について思うこと »

2012/06/04

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

由紀子さんこんにちは(^^)

ありがとうございます。感謝です。
勇気を出してコメントして良かったです。

前回のリーダーシップのマインドの件、生きる目的の件についても、
ものすごく同感です。
いつもそういうことを考え、後輩に話しています。

なんとまぁまた奇遇な!
ウィッシュのレッスンでも前肢旋回、後肢旋回、ゲートゲームなどをよく行います。

心の在り方や、その人が世界をどうとらえているかは本当に大切だと感じています。
結局、身体の動きは心の在り方の発露なのですから。

とかいう私もまだまだ未熟で、やっとここまで馬に育ててもらえたというか、
鍛えてもらったようなものです(^^;

ご質問してもよろしいですか?
動画中ペアテンションとおっしゃっていますが、
調べてみたんですけどよくわかりませんでした。
よろしければスペルと意味を教えていただけませんでしょうか。

あと動画の前後のタイトルや、途中の字幕はどのようにして入れているのですか?
こちらは馬と関係ない内容で申し訳ありません(汗)

心の在り方や馬について学びたい方がもっともっと増えるといいですね!

まずはお礼まで。
ありがとうございました。

飯多さん

こんにちは。

>結局、身体の動きは心の在り方の発露なのですから。

全くその通りだと思います。

型やテクニックから入るよりも、マインドを理解する方から入った方が
学びが早いのではないかと思っている今日この頃です。
もちろん両方必要だと思いますが。

ぺイアテンションとは
pay attention: 注意を払う、こちらに意識を向ける・・ということでした。

動画の件は、私はWindows Live Movie Makerを使っています。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記