« 現実を変えるには | メイン | 宇宙人どうするよ? »

2009/10/18

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

はさみささん

ハロ~。元気ぃ?

新型インフルエンザの予防接種を待つ、長蛇の列というのが
小さいお子さんを持つお母さんたちとか、または妊婦さんじゃないことを願います。
もしくは、将来これから子どもを作ることができる人たち。
おじさん、おばさんだったらもう子どもを作らないから、まあいいかも・・・
というか、予防接種打たなければいけないって信じている人たちの気持ちは
例えメガフォンを持って訴えても、どちらにしても変えることは難しいでしょうね。

情報源をテレビや新聞というメディアに限っている人たちのことは
それはそれで、彼らの選択の一つだと思うしかないのかなあ・・
それとも情報提供者の責任なのかなあ・・

ところで、プラシーボ効果あるある。
うちの息子におでこに手を当ててもらった後、熱が1度下がってた。
彼が私のおでこに手を当てながら、「大丈夫だって思いなさい」って言うので
すっかりその気になってしまっただよ。(笑)

しかし、弱毒のうちに人々の免疫力でウィルスを撃退していたら
ウィルスの強度が自然に縮小していくっていうイメージがあるんですけど・・

でもそうせずに、最初から予防接種をみんなが受けていて
それでも罹ってしまった人から遷されたウィルスは
もうミューテートしている可能性が高いから
ウィルスがだんだんと強力になってしまう、、、、というイメージなんですけど。

科学的な情報ではなく、あくまでも私の個人的な想像ということで。


この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記