« ホームスクールについて思うこと | メイン | バランスです、バランス »

2009/12/03

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

こんにちは(^^)おーやんです。
精神世界・・・もうもう、このところ何を見ても聞いても色んなことがリンクしまくり・・(笑)・・・怖いくらいです。

マミーの言ってるのは、テレパシー系かな?私は最近この力をひしひしと感じているところです。

この間とても不思議なことがありました。
その日息子は友達とのことでイライラしていました。毎日とても我慢していて(息子が我慢しないと大変なことになります・・・いい関係ではありません)私にはそれがとても良くわかりました。うちは2世帯同居なのですが、息子はそのイライラを祖父にやつあたりし始めました。見かねた私は別室へ息子を連れていき、その原因について話し、渇を入れました。息子はワーッ・・・と泣いて、私はその気持ちを受け止めました。
「お母さんはどうして僕の気持ちがわかるん?」
「お母さんやからわかるんよ・・・。」
そしてジーっと見つめました。見るというより、このとき2人の気持ちが通じたと思いました。
すると息子は急に「わかった!」と力強く起き上がり、「今日は英語はしないからね~♪」とごはんを食べに階段をかけおりました。

私は唖然・・としました。まるで人格が変わったみたい・・。なぜなんだろう・・・?

色々考え、そのあとに手に取る本やネットから理解ができました。(ほしい情報は本当にふってきますね~)
私の考え・・・まずワーッと泣くことで普段自分が作り上げている虚像(左脳)をある程度取り去った。そしてジワッと右脳で感じた・・・のではないかと思います。

母と子という結びつきは、悲しいかな父より強いと言わなければなりません。
お互いを理解しようとする心は、共感することからかな?と感じます。
このとき、お互いが別な方向を向いていると心の理解は得られないと思っています。
目力はこわいです(笑)
でも、普段子どもとの心が離れている親子には抱き合ったり見つめあうことから距離を縮めることができると思っています。

マミ〜、ごめんなさい!
混乱させちゃって、こわれちゃいましたねっ(^^;)。


>なぬなぬ、広い海でイルカと泳いでいるんですかい、キミは!?
>それ、私もやりたーーーーい。でも、サメ怖くない?

5年ちょっと前までは魚と泳ぐことが多かったです。
それこそ広〜い海で何時間もぽか〜んと浮かび、魚を見てました♪
しか〜し、イルカとは旅行先で戯れたことがあるぐらいで、毎日イルカに会えるわけでは・・・(^^;)。ちなみに、サメは怖いですよっ。
なので、遊ぶときも比較的浅瀬(だけど綺麗な海)で戯れます。それでも幸せ☆
これなら安心♪マミ〜もいかが?(笑)


>しかし、チミが住んでいるのはどこなんだろう???
>広いイルカがいる海の近くで、保守的な町・・・・ う~ん 

あははっ。確かにこれは分からないですよねっ(^^;)。
今住んでいるのは西日本。海の無い、ガチガチに保守的なところです。


>詰め込み学習してきたということは、勉強ができたんだね、きっと。

学生時代の私は、何故か親の希望を叶えるために一生懸命生きていました。
小さい頃から言われ続けていたので、ある意味洗脳されていたんだと思います。
大人から見ると優等生でした。でも本当は視野が狭くて、点数や偏差値だけを気にしていて・・・。
世の中にいろんな職業があること、いろんな生き方があること、知りませんでした。
親の期待には添えないまま受験が終わり、時間が出来たときに改めて自分を見つめると虚しかったのを覚えています。私にとっては無意味に近い学生時代・・・。

って、わーーーーっ、暗い話になってきました。
子どもが生まれてから、ずっと忘れていたのに(^^;)。
カフェイン、カフェイン!紅茶2杯飲んでこよーーっと☆(爆)

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記