« 毎年やってるテキサス馬ツアー | メイン | テキサス親子馬ツアーってこんなの »

2010/04/24

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

今日はマミーさん、以前のコメントに対して足らない処についての説明なんですが、貴女のビデオに対し凄い、素晴らしいと私は感じますが馬にたいして経験の少ない人たちは理解できないと思います。
何が凄い何が素晴らしいの説明が欠けていたので補足させていただけます。
馬の調教及び馴致における調教師はいつもハミとムチが手のなかにあります。
貴女はロープホールダーとリードラインだけでした。。。。。
正直に言える事はお主ヤルナー何処でこのような技を覚えたの?????と言いたいのです。何時も勉強させていただいています。Thank you マミーさん


安居さ~ん

ありがとうございます・・・。(涙)
褒められて謙虚になるのではなくて、完全に調子に乗ってしまいそうです。

鞭を使わなくてもいいコツはもしかしてコレかも、ということがありました!
でも、それったら誰でもできるすっごく簡単なことです。

小さな躾をコンスタンツにきちんとすること。それだけで馬との関係が大幅に変わりました。
えっ?そんなんでいいの?っていうことなので、またビデオに撮りますね。
もし、そんなことで鞭を使ったりして馬たちを怖がらせて調教する人が減れば
馬たちはハッピーになれますね。

ホルターは平べったいベルトのホルターではなくて、鼻の上でプレッシャーを感じられる
結び目があるロープホルターを多くの人にお薦めしたいです。
リードロープは少なくても12’あった方がいいです。

そうだ!リードロープとホルターについて、別記事にしてみます。
安居さん、いつもサポートありがとうございます。


コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記