« サニーを手放すかどうか(結論です) | メイン | マーク・ライアンとの馬修行(8) »

2010/06/24

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

はさみさ さん

ええ、そうなの~?てっきり私だって分かってたようなコメントだったよん。

しかしハンカチの端を噛みしめながら嫉妬の目って、演歌の世界だに。
土地さえあれば、馬ならいくらでもいるんですね。

でも、ご主人は今はどちらにしても馬どころじゃないですね。
もしかして、宮崎に馬がいたら、馬たちも殺傷の対象になるのかしら・・・

パソペッツさんのブログ、多くの人たちに読まれるようになって
現実を人に知らしめる役割が果たせていると思うのですが
ニュースであまり出なくなったり、社会的に騒がれなくなったら
人々の関心も次第に薄れていくかもしれませんね。

今、ブログに来て現状を知りたいという人たちの間でも
もう少しして、その火を小さくしないために、今のうちにもっと話を
大きくしておいた方がいいかもしれない・・・なんて思いました。

火が燃えている時に薪を入れて大きくするのは簡単だけど
火が消えてしまった後に、一から火をつけるのは大変かもしれないものね。


Hi Jake,

今日ね、ブレナンにJakeの話したんだ。

私たちが知るカウボーイの人たちは、違ったやり方とか新しいやり方に
耳を貸しそうな人はいなくて、自分がこれまでにやってきた方法が一番で
それしかない!と固く思っている人が多いように思います。

なので、Jakeのように柔軟に(なるほどねえ、そういう見方もあるんだ)って
受け入れる人は少ないと思うな。

Jakeが良い感じの方なので、本当にそのうちカナダにお邪魔させていただきたいです。
そちらも、テキサスの方に南下するチャンスがあったら、いつでも連絡くださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

マミ~ことランディー由紀子です

著書: 「子育ての魔法の杖」


過去の日記